YPJ-XCでオフロードは可能?改めてMTBショップGIRAFFE(ジラフ)さんで聞いてきた

こんにちは。インドアバイカーです。

タイトルの通り、YAMAHA YPJ-XCは購入してそのままオフロードで遊べるのか聞いてきました。

YPJ-XCを購入してそろそろ1年!

僕はYAMAHAのE-MTBであるYPJ-XCを購入してそろそろ1年が経過します。

街乗りでも大活躍!

この一年間、僕はMTBをがっつりやる!こともなく「短い街乗り7割、長距離1割、山2割」って感じで乗ってきました。走行距離は671kmほどでした。自転車のための休日は多分片手で数えるほどでしたね。

メーター(走行距離)

メーター(消費カロリー)

正直あんまり乗ってないなと言う感想。これはMTB以外にやりたいことが多かったのが大きいですね。去年はちょっと欲を張りすぎました。

で、そろそろ購入して二年目となるのでオフロードももう少し走っていきたい!

この一年間は完全に受け身だったこともあったので、二年目は能動的に動いてみようと思っています。

その第一歩としてMTBに詳しいショップに相談してきました。

板橋区にあるGIRAFFE(ジラフ)さんにお邪魔してきた

MTBのお店はあまり多くないのですが、地元板橋区にあるGIRAFFE(ジラフ)というショップがMTBと言うか自転車全般すごいことに気がつきました。

giraffe

GIRAFFE/ジラフはロードバイク、MTB、シクロクロス等スポーツバイクを扱う板橋の自転車専門店です。 クロモリフレー…

かるーく調べたところ、世界一周を自転車でするアドベンチャー向けのフレームをワンオフで作ってたりとすごいショップ感。

「チャリでいける距離だし、いつか話を聞きにいきたいなぁ」

と思っていたら、5歳の神経質な息子が「ヨツバサイクルのブレーキがおかしい」と相談してきたのでこれを皮切りに凸してみることに!

ジラフさん、絶対いい店・・・

息子のヨツバサイクルも購入してからもう3年。

実はフロントブレーキの不調は前からで、街の自転車屋さん(ヨツバサイクル取り扱いあり)で1500円支払って調整してもらったもののほぼ改善されておらず諦めていたのです。

自転車あると行動範囲広がる

で、ジラフさんのところでもヨツバサイクルを扱っているので相談。

「お、ヨツバサイクル。乗ってる?」

と店員さんに話しかけられてビビる息子に笑いつつ、数秒確認しただけで原因特定。どうやらブレーキ部分の金属パーツが折れ曲がっていたようです。今回はいい感じに調整してもらい完了。プロの仕事でした。

細かいことによく気がつく息子の厳しいチェックも無事パスし、長年悩みだったブレーキ問題が解決できたのでした。このやりとりだけでもいい店なのがわかります。

で、ここからが肝心のお話。

YPJ-XCでオフロードは可能!

ジラフさんはMTBを取り扱われている期間も長く、現時点でE-MTBを取り扱っていないのは・・・多分そういうことなんだと思います。

なので冒頭で「E-MTBを見ていただくことはできますか?」と相談。回答として「モーターとか駆動部分以外なら見ることはできる」とのこと。これだけでも心強いです。

そこで「ぶっちゃけ、YPJ-XCでオフロードっていけますか?」っと聞いてみることに。

開口一番に「上級者がダウンヒルで走るコース以外なら走れると思う」とのことでした。

カスタムはまずはしなくても良さそう!

オフロードを走るのにどんなカスタムをすればいいのかわからず、この一年間何も触っていない”どノーマル状態”でした。知り合いだとチューブレスにしたりドロッパーシートポストというシートが動くやつを導入したりしてるけどやったほうがいいのかな?

ハードな路面は向いてないと思ったけど・・・

これも「このままでもいけなくないと思うしまずは走ってみて、それで悩みがあるならカスタムを検討するくらいでいいのでは」とのこと。

というのもMTB(というか自転車)は乗り物のスペックよりも乗り手のスキルに依る割合が多いからなんだそう。E-MTBの重さがあるので取り回しが大変かもしれないけど、それも人間の乗り方次第かな、と話していました。

一通り話を聞いてみて、「E-MTBならではな乗り方」はあるかもしれないけど、走れるかどうかをバイクのせいにするのはまだまだ先の話なんだと感じました。

自転車屋さんなら「最低限このスペックは欲しいよね」とか営業してしまうものですが”まずは手持ちの機材で走ってみて欲しい”という姿勢に非常に好印象だったジラフさんでした。

YPJ-XCはオフロード走るスペックとしては十分

E-MTB特有の重さはありますが、ディスクブレーキ、サスペンションなどコンポーネントとしては十分なようです。ロケットの打ち上げではないのでできるところから挑戦してみたいと思います。

コンポーネントを理由にするのはまだ先!

まずは休みにMTBで出かけることができるようこれから動いて行きたい!

今はプリウスの後部座席を潰してしまっているのでその問題を解決したい!!

こんな感じ。